パワーウインドウ集中スイッチ修理

運転席ドアにあるパワーウインドウ集中スイッチですが、ボタン類が扉の内側に落っこちかけたので修理です。

修理後

パワーウインドウ集中スイッチは、隙間にマイナスドライバを入れてやれば外れます。
# 私の場合、勢いをつけて扉を閉めるとスイッチユニットが外れてました(笑)

コネクタをはずしてやればドンガラが残ります。

上部の蓋に相当するからユニットメイン部分を吊るすような設計なのですが、この吊るす部分が経年劣化で3箇所とも割れてました。
ここを補修することで本来の状態に戻します。

で、補修方法ですが、材料は
 ・耐衝撃アロンアルファ
 ・木綿糸
です。
「木綿糸かよ!」というツッコミも多々あるとは思いますが、天然繊維をアロンアルファで固める方法はウチの親父殿から教わった技です。
バカになったコンポの入力端子とか、釣具の作成とかで実績アリ。

作業風景はこんな感じ。
木綿糸を隙間無く巻きつけながら、アロンアルファを巻きつけた箇所に浸透させる、を地道に繰り返します。

割れた箇所はこの方法で対応できますが、部品欠落を起こした部分がありました。
こちらは上記に加えて
 ・ティッシュペーパー
を投入します。
これは我流です(笑)同じく天然繊維だからうまいこといくんじゃない?という安易な発想です。
ネジ穴にネジを埋め込んで、ティッシュを丸めて欠落箇所に埋め込んで、先ほどのように木綿糸を巻きながらアロンアルファを投入。
アロンアルファが乾いた頃に、はみ出たティッシュをナイフで削り取ります。

工作を完了したらこんな感じになります。
蓋とスイッチユニットです。
組み立てるとこのようになります。
進行方向に対して後側から見た様子です。
進行方向に対して前側です。
こちらも赤丸の箇所が折れていたのですが、良い案が思いつかず、とりあえずアロンアルファによる固定だけにしています。
補強工作ができていないので、多分すぐにまた壊れるでしょう。

全景はこんな感じ。
あとは取り外したのと逆の手順で組み込みます。


[追記]
前側、扉に組み込んだら壊れました(笑)
とりあえずごまかし運用でしばらくいきます。

【作業実施日:2006/10/08】

メニュー


©TsuredureAtelier/Cesse
1998 - 2016